Diary  メール講座

地震|復興と家族を守る「お金の管理」

台風被害、局地的な豪雨被害、地震と全国的に災害が続く2018年。

災害により亡くなられた方とそのご家族に、心よりお悔やみ申し上げます。

行方不明の方、怪我をされた方、未だライフラインが復旧しないご家庭、避難所での生活を余儀なくされている方々のことを思うと心が痛みます。

お見舞い申し上げます。

 

どんな災害が起きても、命残された者は、ご自身のできる範囲で、これから復興の一員に係わっていく必要があります。

 

できる復興とは?

物流と経済を回すこと

 

電気が灯った夜景

ブラックアウトから灯りを取り戻した北海道函館山の夜景

 

北海道胆振東部を震源とする地震

2018年9月6日午前3時8分、まだ日も昇らぬ暗い中 北海道胆振東部を震源とする地震発生。震度7。

震源地から50㎞以上離れた、私の住む北海道の都市 札幌市内は震度5~6と強い揺れを観測しました。

 

札幌市内には地盤の陥没が広範囲で発生した地区があります。

家屋が傾き泥流や地割れの被害は、電力供給システムの崩壊を示す「ブラックアウト」から徐々に復旧した後(40時間の停電後)に見たテレビニュースで知ることとなりました。

広範囲の地盤の陥没は、地震の揺れで地中の砂・小石と水とが分離し、地表近くに集まった地下水や泥によって地盤が液体状になる現象です。

私の住む札幌市西側の地区では停電による不便さを強いられたくらいの被害で済みました。

しかし、災害の大きさは情報を断たれた当事者には、その様子は解らないもの。

遠くにすむ両親、道外に住む子供達、そして全国各地の友人とお客様には随分と心配をかけたようです。

 

全国から届くお見舞いの温かい言葉に、独り暮らしの私は、とても励まされ感謝で心がいっぱいです。

未だ余震が続き、座っていると常に揺れているビル酔いのような感覚があります。

なんと言っても、40時間に渡る停電は、便利に慣れてしまった現代社会の盲点を知る機会となりました。

それは、決して不便な生活ではなく、電気に頼らずできる様々な工夫を学んだ40時間でもあります。

多くの人達の働きによって、便利な生活が支えられているのです。

 

その多くの方の不眠不休の復旧作業により電気が灯った瞬間は、それはそれは感激でした。

ロウソクの灯りは1~2日は良しとしても、それ以上の日数を覚悟した瞬間、独り暮らしの孤独感と、人恋しさがこみ上げてきましたから。

 

ロウソクの灯り

 

地震によって知る「当たり前ではないこと」

家族との連絡、情報収集も全て電気の力がなければなすすべがありません(+_+)

スマホの充電が完全に空になった時は一気に不安を覚えます。

情報を求め外へ出、無料充電コーナーに3時間並び、1人1台30分制限で充電できたのは30%程、

これでもありがたい。

帰宅間もなく「電気来たーーー!!」と、ご近所の歓声の声につられ窓際へ走ると、目の前には地震発生前のいつもの夜の景色が広がり、涙が出ました( ;∀;)

この電気開通の瞬間と感動を忘れてはなりませんね。

私は、家屋の倒壊や家具の破損は全く無く、地震発生後も温かい布団で寝むれています。

しかし、布団に横になって休めることは、決して当たり前のことではないと、全国の被災地の方のお気持ちを思い心が痛みます。

 

家屋

 

地震や災害の復興は、物流と経済を回すこと

2日間閉ざしたPCを立ち上げ、配信中のメルマガシステムを確認すると、この停電の40時間の間にも新しく登録された数名様のお名前がございました。

しかも全国津々浦々から。

ある既読者さまからは「落ち着きましたら、お金の情報配信待っています」とメッセージをいただき、勇気づけられました。

本当に感謝申し上げます。

 

また、阪神大震災を経験された神戸在住の読者様からは、防災備蓄と同時に(それ以上に)「お金」の管理も必要であると、生のお声をいただきました。

この度の関西を直撃した台風21号では、台風の目の中に入ったことで被害は最小限で済んだものの、生きた心地がしなかったであろうと、察します。

その彼女が、災害時、復興時、その後の生活と、私たちが自分で自分を守り、家族を支え、周りの方をも助けるには日頃から「お金の管理」の備えも必要だと仰ったことに、私はハッとさせられたのです。

ハッとした理由は、地震発生直後、メルマガ配信をしばらく自粛するべき?と頭をよぎっていたからです。

 

大規模な震災や災害があったからこそ、1日も早く前へと進まなければなりません。

メルマガを待って下さっている全国の女性個人事業主の方へ(男性の読者様もいらっしゃいます)

お金を生みだす「起業」を根底にした「経営とお金」の情報を

普段と変わらず届け続けたい想いへと熱くなっております。

配信環境が切断されない限り、無料メールマガジン「お金美人塾」にて配信し続けて参ります。

未登録の方は、どうぞ登録下さい。

 

どんな災害が起きても、命残された者は、ご自身のできる範囲で、これから復興の一員に係わっていく必要があります。

 

できる復興とは?

物流と経済を回すこと

 

経済を回すとは、たとえ個人事業であっても、事業の継続と発展にて「お金」を流通させるということ。

おひとりおひとりの「できること」の積み重ねによる自助努力が経済復興を支えると、切に思います。

 

経済を回す

 

女性起業家のための 無料メール講座【お金美人塾】

サラリーマンの妻が起業するときのポイントやタイミング(独立女性も有り)

また「誰にも雇われず、自分の腕と才覚で商売を行なう人になる」ために、知っておかなければならない法規、経営やお金のこと。

事業計画、集客、客単価や売上アップのお役立ちヒントを配信中です。

 

よちよち歩きの起業初心者さん向けのメール講座ですが、ベテラン起業家さんのご登録もお待ちしています(#^.^#)

お金のルールや起業家(個人事業主)としての法規は知っていなければなりません!

『あれ?しばらく届いていないなあ・・・』という方は(携帯キャリアメール登録の方に多い)他のアドレスで再度ご登録下さいね。

 

無料メール講座【お金美人塾】内容

主に以下の内容について配信中です

(順不同)
・扶養内か扶養外か
・税金と社会保険料
・どう変わる?夫の収入
・パート収入とフリーランス収入違い
・開業届提出のタイミング
・日々のラクな経理のポイント
・確定申告にむけてやること
・白色申告と青色申告どっち?
・事業の成績表「決算書」
・集客のためのマーケティング
・知っておくべき法律
・フリーランスの老後
・金融リスク

無料メ-ル講座登録は → こちらから

→登録後、直ぐに第1通目「ウエルカムメール」届きます。翌日になっても届かない場合は(携帯キャリアメールに多く見られます)別のアドレスで再度ご登録をお願いします。(Gmail推奨)

 

ご登録は下記から!

メール講座詳細ページへ

 

長きに渡りお客様から愛される経営者としてのご活躍を祈念申し上げております。

 

 

長く続く経営とお客様の為に

主婦の起業で知っておきたい

「12のルール」

↑クリックで読めます

 

 

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
熊野聖己(きよねぇ)

メール:info@fp-kiyone.com
Facebook:kiyomi.kumano.7

 


The following two tabs change content below.

FPきよねぇ

ママや主婦を対象に起業後の働き方と経理知識をサポートしている、どの金融会社にも属さない完全フリーのファイナンシャル・プランナーきよねぇです。札幌市在住。

最新記事 by FPきよねぇ (全て見る)

Amazon、JAL

-Diary,  メール講座
-,