No.037

経費を書き出し無駄を知る

「お金美人塾。-Membership-」

前回のブログ No.036 売れているのになぜ赤字? はいかがでしたか?

”家の中の片付けとお金の流れ(収入と支出)の片付けの考えは似ている”と少し触れましたが、覚えていらっしゃいますか。

片付いた家の中の状態は無駄の無い暮らしの現れともとれます。片付くことで空間と時間に余裕が生まれ、必要なものが何か?を把握しやすくなります。家の中が綺麗に整っていると、将来を見据えた貯金もしっかりできているようです。

家の中が整うと、お財布の中も整うように。事業のお金の管理を整えれば事業方向性が見えてきます。継続した事業のスタートラインといったところでしょうか。

お金を整えるという気持ちは誰もが持っていると思いますが、実際にひとり起業として事業をしてみるとそう簡単にはいきません。わたしたち人間は面倒なことはやりたがらない癖を持っているため、「そのうちなんとかなるだろう」と楽天的に物事を捉えてしまう傾向も持ちあわせているからです。

 

そこで、年に1度の確定申告(収入と経費の報告)をご自分の事業を採点する機会と考えることをおすすめします。

年に1度とは言いましたが、1年間のお金の流れを1度にまとめて行うことはとても大変な作業となることは言うまでもありませんね。年に1度だけの片付けで家の中を常に整えることができないことと同じです。

毎日事業のお金に向き合うことで、年に1度の確定申告をも楽にすると受け止めましょう。つまり、いつもお金が整っている状態を保つのです。

  • 1日の終わりに、手元の現金と現金出納帳の残高を合わせる。
  • 預金口座の入出金をこまめにチェックし取引履歴を確認する。
  • 売上を出すために使ったお金を科目ごとに書き出す。

こういった小さな積み重ねがとても重要になります。

 

FPきよねえ
本日のブログでは、「売上を出すために使ったお金を科目ごとに書き出す」を、もう少し掘り下げてレクチャーさせていただきます。みなさんの参考になれば幸いです。
続きを読むには定期購読をお願いします

2021年5月6日

© 2021 お金美人塾。FPきよねえ@札幌 Powered by AFFINGER5