お知らせ

お金美人塾。-Membership-の会員限定

 「ひとり起業ゼミ」

\第4回(5/11・5/12)開催! /

■ テーマ

(#3)わたしと事業のプロフィール

申込みを締め切りました!

No.036

売れているのになぜ赤字?

「お金美人塾。-Membership-」

「売れているのになぜ赤字?」ドキッとするタイトルですね。

起業初期は、準備にお金がかかり、しばらくは赤字経営もやむを得ないのは誰もが思うこと。「集客できるようになれば・売れるようになれば、いずれは黒字に転じるはず!」みなさんもそう思っていませんか?

では「いずれ」とはいったいいつのことでしょう。

商品・サービスがお客様に徐々に認知され売れているのに、「お金が残らないんです」と仰る女性がわたしの元へ相談にいらっしゃいます。

かと思えば、お金が残っていない(利益が出ていない)ことに気が付かないまま事業を継続している女性が多いのも事実です。気が付かない・・のではなく、ややもすれば赤字である現実を受け止めたくない・・・と言った方が正確でしょうか。

利益を度外視した価格設定では、たとえ集客ができたとしても(商品が売れたとしても)「売れているのになぜ赤字」の状態になります。入ってくるお金が出ていくお金より少なければ当然ですね。(これは事業に限らず家庭でも同じことが言えますね。)

毎月10万円を売り上げる目標を立てても、そのために15万円の経費を出費してしまえば、10万円 - 15万円 = ▲5万円です。12ヶ月間、同じ繰り返しのままであれば合計で60万円の赤字になってしまいます。

2年も3年も改善せず(そんなことはないと願いたいですが)毎年赤字です!と仰るのは自由ですが、その赤字は負債です。経営破綻状態のまま事業を継続しているということです。

個人事業主は資金が底をついても事業は継続可能です。誰からも何も言われません。ですが・・・その赤字となった負債額は誰が負担しているのでしょうか?ご主人のお給料から?家計費や貯金から?出どころがどこであろうと、借金を抱えた状態であることを自覚いたしましょう。

本日のブログ No.036 売れているのになぜ赤字? は、赤字にならないためのアドバイスを書きました。「今更そんな当たり前のことを?」と思うかもしれません。ですが、初心に戻り復習する機会となれば嬉しいです。

 

FPきよねえ
「早く赤字から脱却したい!」と心当たりのある方や、「今後赤字になってしまったら」と不安に感じている方にも参考になれば幸いです。


続きを読むには定期購読をお願いします

2021年5月3日

© 2021 お金美人塾。FPきよねえ@札幌 Powered by AFFINGER5