No.029

その請求 規約違反かも!?

「お金美人塾。-Membership-」

オンライン講座「起業とお金と学校」の生徒さんや個別コンサルのクライアントからこんな質問をよく受けます。

起業1年生の姫子さん
お客様にクレジットカードで決済してもらう際、決済手数料をもらって良いの?

一瞬『えっ!?』となるわたし。

みなさんはどう思いますか?

お客様が希望する支払い方法やキャッシュレス決済の種類によって、商品サービスの価格が異なる(お客様へ手数料負担を強いる)のは致し方ないこと、と仰るひとり起業家さんも少なくありません。

「銀行口座への送金でのお支払いは〇〇〇円ですが、クレジットカード決済を希望した場合〇〇〇円の追加料金もお支払いいただきます。」な、文言を記載している起業家さんもよく見かけます。

前述の質問の答えをお話しする前に、なぜこのような質問が最近多いのか?その背景をわたしなりに解説します。

政府を中心としたキャッシュレス決済推進の動きや訪日外国人観光客の増加などの影響もあり、実店舗の有無を問わずクレジットカードや電子マネー決済の導入は急激に進みました。(キャッシュレス決済の利用拡大は東京オリンピックに向けた施策のひとつでもありましたね)

新規のお客様の獲得に役立つクレジットカード決済の導入は、インターネット上でアカウントを取得するだけで個人事業のわたしたちも割と簡単に利用できます。わたしも御多分に漏れず、政府の取組みに乗りキャッシュレス決済導入の小規模事業者として登録を済ませています。

キャッシュレス決済を導入する事業者はクレジットカード会社から見ると、加盟店 という位置付けです。加盟店になれば、守らなければならない規約があります。

話を戻します。『お客様にクレジットカードで決済してもらう際、決済手数料をもらって良いの?』の質問は、加盟店規約を良く読んでいないが故の質問となります。

その答えは→ NO!だからです。規約違反に該当することをみなさんはご存知でしょうか?

 

FPきよねえ
本ブログは、クレジットカード決済手数料の仕組みや加盟店として守らなければならないルールを解説します。キャッシュレス決済を導入しているひとり起業のみなさんの参考になれば幸いです。


続きを読むには定期購読をお願いします

2021年4月5日

© 2021 お金美人塾。FPきよねえ@札幌 Powered by AFFINGER5