No.024

その価格表示 正しいですか?

「お金美人塾。-Membership-」

ブログを購読いただきありがとうございます。以前に書いた、No.017消費税の納税はどうするの?その後 が、本日のテーマです。

実は、『え?消費税をもらって良いの?』や『わたしは消費税もらっていません』と、仰る起業家さんが、未だいらっしゃるのが現状なので、改めて消費税について執筆することにしました。併せて2021年4月1日から始まる総額表示の義務化についても書きます。最後までお付き合いくださいね。

みなさんは、事業者が扱う消費税のことをどこまで理解していらっしゃいますか?「事業者としての理解!」ここが重要ですよ。

国民から集められた消費税を国はどのように使っているのか、までは知らなくても(国民の一員として知ってはいただきたいですが)事業を営んでいる以上は、自分には関係ない!なんて思っていてはいけません!!本ブログを購読しているみなさんはそんなことは、ないですね(安心!)

もしも、誤解しているご友人や、同業の方がいらっしゃいましたら、本ブログの存在をお伝えいただき会員登録をおすすめしていただけると嬉しいです。ご一緒に学んでください。

 

先に消費税の仕組みを再度確認しましょう(読んでいない方は、こちらから)→No.017消費税の納税はどうするの?

みなさんは、常日頃よりお客様を第一に考えた事業を展開していると思います。みなさんの業務内容をお客様にわかりやすく説明することもちゃんとされているはずです。

何かトラブルがあった時は、消費者(お客様)に誤解されるような商売をしていたあなたが罰則を受けてしまいます。最悪のケースですが、訴訟に発展すると商品を販売したあなたの説明責任を追求されてしまい、状況は大変悪くなります。

「お客様にわかりやすく説明する」と言えば、商品・サービスの内容だけではなく、価格も同様です。みなさんはどのように「値段」の説明や表示をしていらっしいますでしょうか。広告宣伝ですか?チラシですか?はたまたWEBサイトに掲載していますか?

世の中の商売の大前提が「消費者(お客様)に誤解なく伝わっているの?」という点にあります。

 

FPきよねえ
2021年4月1日から、価格表示が変わります。既に決まっていたこと(消費税の表記方法)が4月1日から開始される、が正しい解釈ですね。では、ご一緒に確認していきましょう。
続きを読むには定期購読をお願いします

2021年3月15日

© 2021 お金美人塾。FPきよねえ@札幌 Powered by AFFINGER5