No.006

起業にはどんなお金がかかる?

「お金美人塾。-Membership-」

起業を意識した時、誰もが心配する「お金」のこと。開業までの準備金や、運転資金、どのくらい時間をかけると利益や儲けが出るのだろう?など、わからないことだらけですよね。

当然、お金が底をつけば事業の継続は危ぶまれます。利益や儲けが見えなければ気持ちや体力は疲弊し、やがて廃業に追い込まれてしまうこともあるかもしれません。

個人事業者は、利益がないまま事業を継続するのも、廃業を決断するのも自由です。誰からも指示されることはありません。しかし、責任は全て自分に返ってきます。

お金をかけ過ぎ負債が膨らむこともあるでしょう。貯金を切り崩し続け、家族に心配をかけるなんてこともない話ではありません。

無計画の仕入れをしてしまったがために、在庫の負担を課せられることもあります。起業するということは、事業を継続するための計画的なお金のやりくりが求められます。

起業にはどんなお金がかかるのか、女性の視点で、本章No.006「起業にはどんなお金がかかる?」で述べていきます。参考にしていただけると幸いです。

 

自己資金がありますか

初めて起業する場合、どんな費用がかかるのか。検討がつく人の方が珍しいですよね。特に数字と向き合うことを苦手な場合は、「お金」のことを考えずに気持ちだけで起業に踏み切ってしまいがちです。

続きを読むには定期購入をお願いします

2020年12月28日

© 2021 お金美人塾。FPきよねえ@札幌 Powered by AFFINGER5