お金美人塾。 家庭のお金

お金美人塾 。No.019 マイナンバーカードのメリット

2021年3月20日

  • 本記事は、会員制ブログ「お金美人塾。-Membership-」掲載の記事です。(2021年2月22日公開)
    期間限定で公開しており、全ての内容を読むことができるものではありません。
    詳しい説明は、記事の最後に記載していますのでご確認ください。

 

No.019

マイナンバーカードのメリット

「お金美人塾。 -Membership-」

行政手続きの効率アップに結びつけることが目的で、2016年1月より交付が開始されたマイナンバーカードですが、マイナンバーカード発行がなかなか国民に行き渡らない状況のようです。

2020年9月からは、マイナンバーカードを普及させることと、キャッシュレス決済使用の促しを目的としたマイナポイント事業がスタートしました。

最大5,000円のポイント還元特典がついた、政府が実施するマイナポイント事業の影響を受け、マイナンバーカード発行の認知度も上がったように感じますが、みなさんにとってはいかがでしょうか。

毎年行う確定申告を電子申告(e-Tax)で行うためには、マイナンバーカードの読み込みによる本人確認が必要ということもあり、個人事業主の方々はこのマイナポイント付与キャンペーンを機にマイナンバーカードを発行しました、とおっしゃる方もいらっしゃるようですね。

わたしといえば、マイナンバーカードの発行に時間を要する懸念と、電子マネーを使用する頻度が少ない(思い込みですが)という理由から、しばらく様子を見ていました。正直なところ、マイナンバーカードを発行したのが、つい最近なんです。

 

FPきよねえ
マイナンバーカード発行にはどんな目的があり、マイナンバーカードを利用する私たちにどんなメリットがあるのか、本日のブログで確認していただけると幸いです。

 

マイナンバーカードとは

マイナンバーとは、国内での行政手続きにおいて個人を識別するための国民一人ひとりに割り当てられた12桁の個人番号のことです。

顔写真や住所、生年月日などの個人情報とともにマイナンバーが記載されたICチップ付きのカードのことをマイナンバーカードと言います。マイナンバーカードはその通称で、わたしたち住民は無料で発行することができます。

マイナンバーカードを発行すると、身分証明書や個人番号の提示をはじめ、税金や社会保険などに関する行政手続きが、このカード1枚で可能になります。オンライン上のマイページも利用することが可能です。

個人の銀行口座との紐付けも検討されていて、今後は広い目的で利用されていくと予想されます。が、現状の発行率は2021年1月現在で24.6%前後と国民全体への普及率はまだまだ低調です。

マイナンバーカードの発行は国民の任意となっていることで、その訴求もなかなか浸透しない理由なのでしょうか。

マイナンバーカード制度が施行されて4年経った2020年6月に、PayPayが行った調査によると『マイナンバーカードとは何か、具体的に知っていますか?』という20〜40代の男女に向けたアンケートに、22.0%の人が「いいえ」と回答したそうです。

総務省によりますと、去年1年間のマイナンバーカードの交付枚数はおよそ1,185万枚で、前の年の4倍近くに増え、5年前に交付が始まって以来、最も多くなってはいるそうです。(2021年1月19日NHKニュース)

 

FPきよねえ
マイナポイント事業によってどれだけマイナンバーカードの発行が浸透したのか、今後の政府の発表が個人的に楽しみです。

 

 

便利なマイナンバーカード

では、マイナンバーカードを発行することのメリットや利便性とはいったいどんなことなのでしょうか。

発行に手間がかかるイメージがあるマイナンバーカードですが、もちろん持っていると得られるメリットがあります。

政府が公表している以下の6つのメリットについて見ていきましょう。みなさんもご一緒に確認くださいね。

 

6つのメリット

  1. 公的な身分証明書となる
  2. 口座開設・パスポートの新規発給に利用できる
  3. コンビニなどで公的証明書を取得できる
  4. 市区町村や国のサービスを一元化できる
  5. 青色申告控除による節税につながる
  6. マイナポイント事業に参加できる

「便利な暮らし、より良い社会」を目指しているマイナンバーカード制度は、「公平・公正な社会の実現」「行政の効率化」「国民の利便性の向上」という3つのスローガンを掲げています。

これからも様々な利用用途や手続きが整備され、わたしたちの生活を豊かに、そしてポジティブな変化をもたらしてくれるものであると期待したいですね。

 

メリット1)公的な身分証明書となる

マイナンバーカードには、個人番号の他に顔写真や住所、生年月日、性別などが記載されています。

そのため、未成年や運転免許証を持っていない人にとって公的な身分証明書として使用することができます。

顔写真がないもので身分を証明する際、複数の書類を提出する必要がありますが、マイナンバーカードを所有していればこの一枚で対応できますね。

 

メリット2)口座開設・パスポートの新規発給に利用

新規で銀行口座を開設する際や、パスポートを新規発給する際など、本人確認に加えてマイナンバーを提示しなければなりません。

マイナンバーカード制度は、行政システムの効率化に加え、生活保護の不正受給・脱税などを管理するために導入されたものでもあります。

今は無料でネットバンキングなどの銀行口座を開設できるので、個人が複数の銀行口座を所持することは珍しくありません。

複数口座の資産を国が管理することは非常に難しかったのですが、マイナンバーで全ての銀行口座が紐付けされます。

マイナンバーカードの普及が増えることは、国が個人の正確な所得を把握し犯罪防止につながると期待されています。

 

メリット3)コンビニなどで公的証明書を取得できる

進学や転職、引っ越しなど、節目節目で何かと必要になる住民票や印鑑登録証明書などの公的証明書は、従来であれば役所に出向いて発行を受けます。

土日祝が休みの会社員は不都合だらけです。平日の日中しか開いていない役所に行くために、休暇を取得したりと精神的にも物理的にも負担がのしかかります。また何より面倒でした。

マイナンバーカードを持っていれば、出勤前や昼休みの時間を利用してコンビニで各種公的証明書の発行と取得が可能になります。

市区町村によっては、戸籍証明書の交付サービス提供時間が異なりますが、毎日6:30から23時まで利用可能です。

 

メリット4)市区町村や国のサービスを一元化できる

市区町村や国のサービスはたくさんあります。マイナンバーカードで一元化されることは、個人情報の観点から不安もありますが、わたしたちの生活を豊かにしてくれるはずです。

 

現在、マイナンバーカードは健康保険証として利用できるよう準備が進んでいます。2021年3月(令和3年3月)開始予定。

全国の医療機関・薬局では、マイナンバーカードの健康保険証利用申込のサポートを実施しています。病院、歯科医院、薬局で利用が可能です。

急な入院で多額な支出が発生した場合、高額医療制度の申請や医療費の一時支払い負担が生じます。マイナンバーカードによる同意確認を病院の受付で行った後、オンライン資格確認を取得することで高額な医療費の一時払いが不要になります。

転職したばかり、また結婚などで夫の扶養に入るなど、加入手続きのタイムラグの関係で、手元に健康保険証がない場合がありますね。健康保険証が未発行でもマイナンバーカードがあれば医療機関の受診が可能です。

マイポータルに特定健診等の情報が登録されます。いつ、どこの病院で、どんな薬が処方されたのかもマイポータルでいつでも確認ができ、お薬手帳を持ち歩かなくてもいいようです。

参考サイト→厚生労働省マイナンバーカード保険証利用について

 

社会保障、税、災害対策など、さまざまな機能がマイナンバーカードに集約されると、サービスごとに複数のカードを所有する必要がなくなるため、財布や鞄がかさみません。

何よりサービス登録の手間も減りマイナンバーカード1枚で様々な公的サービスや管理が一元化されることは嬉しいですね。

一部の都市では、図書館の貸し出しカードとしても利用されているそうです。

 

メリット5)青色申告控除による節税につながる

自営業や個人事業主には、自分で1年間の所得額を計算し納税する確定申告の義務があります。税務署に足を運び、窓口に並んで順番に提出している毎年の業務はすっかり当たり前のことになっていますね。

マイナンバーカードがあれば自宅のパソコンから電子申告で確定申告も納税も行うことが可能です。

新型コロナ感染対策により、今となっては税務署側も電子申告(e-Tax)を推奨しています。

マイナンバーカードを読み込み本人認識をする電子申告(e-Tax)による青色申告は、最大65万円の控除を受けられます。これは、大きなメリットですね。(2020年分の確定申告から税制が変更)

*電子申告(e-Tax)を選択しなければ、青色申告控除は10万円分減額。
*電子申告(e-Tax)は税務署の発行するIDとパスワードでも暫定的に確定申告が可能です。

脱税者を出さないための取り組みとして、所得申告や税金を把握するマイナンバーカード制度がますます普及していくことでしょう。

 

メリット6)マイナポイント事業に参加できる

2021年2月現在、マイナンバーカードを訴求することを目的とした、マイナポイント事業が行われています。

最大5,000円という特典をつけることでキャッシュレス決済の使用を促し、同時に行政手続きの効率アップの認知向上に結びつけることが目的です。

最大5,000円分が還元されるキャンペーンとは、キャッシュレス決済でチャージ・もしくは支払いで、25%のポイント還元率を受けれるという仕組みです。最大還元には上限があります。国から還元されるのは5,000円が上限です。

マイナポイント事業対象のキャッシュレス決済には、クレジットカード払いも含まれます。どの決済会社を選ぶかによってボーナスポイントも付与され、各決済会社がしのぎを削っていますね。

2021年3月末までマイナンバーカードを申請すれば、ポイント付与期間は9月末までと延長されました。既にマイナンバーカードを取得されている方もポイント付与期間の延長が対象です。

 

FPきよねえ
まだポイント付与手続きをなさっていない方は、検討してみてはいかがでしょう。家族分の合計ポイント付与はかなりの金額になります。

 

マイナンバーカード発行しました

マイナンバーカードの現時点のメリットについて紹介しました。いかがでしたでしょうか。

実は、こんなにも普段の生活に便利に使えたり公的な手続きが楽になっていく魅力を、わたしは本ブログの執筆まで知らなかったのです。

冒頭でも述べましたが、マイナンバーカードの発行に時間を要する懸念と、電子マネーを使用する頻度が少ない(思い込みですが)という理由からです。

認識が変わったわたしは、更にマイナンバーカードの発行手順を調べることになりました。電子マネーを使用する頻度がないからと自負していたにもかかわらず、結果5,000円分のポイント還元を獲得するまでに至ったのです。

 

FPきよねえ
総務省のホームページ(総務省マイナポイント)に掲載されている動画を見ながらスマホから必要事項を入力し、自撮りしてあった顔写真を添付。思っていた以上に簡単に申請することができました。

*顔写真は、直近6ヶ月以内に撮影した、正面・無帽・無背景の写真に限ります。

 

マイナンバーカード申請に必要なモノ

マイナンバーカードは無料で申請・発行できますが、「個人番号カード交付申請書」「個人番号通知書」が必要になります。

幸い、2016年1月よりマイナンバー交付が開始された時に市役所から郵送されていた「個人番号カード交付申請書」を紛失せず持っていたので、そのQRコードを読み取り申請が完了です。

 

FPきよねえ
面倒な手続きと思い込んでいたことが嘘のようにあっさり終わり『もっと早く発行申請しておけばよかった』と思ったのは、ここだけの話です。

 

「個人番号カード交付申請書」を紛失してしまった方は、お住まいの市区町村窓口に紛失した旨を届け出ることで「個人番号通知書」の交付を受けることが可能です。窓口に電話してください。

 

マイナンバーカード発行の申請方法は4つ

スマホ以外からも申請は可能です。申請方法は以下の4つです。

マイナンバーカード発行・申請方法

  1. 郵送で申請する
  2. パソコンで申請する
  3. スマホで申請する
  4. 証明写真機で申請する

 

マイナンバーカードの受取り場所

マイナンバーカードは自宅には郵送されません。マイナンバーカード発行の申請から1ヶ月弱で、受け取り場所が明記された葉書が自宅に届きました。指示された場所は住所区内の区役所戸籍住民課の窓口です。

本人確認の証明書(わたしは運転免許証)と個人番号カード交付申請書を区役所に提示し、電子証明書を利用する際の暗証番号を幾つか設定し、マイナンバーカードの受け取りは完了しました。

 

FPきよねえ
忘れないように暗証番号をメモした紙を渡されたのですが、その保管場所をどうするか帰宅後悩みました(笑)

 

マイナポイント付与されました

普段の生活に便利に使えたり公的な手続きが楽になっていく魅了を感じ、マイナンバーカードを発行しましたが、実際マイナンバーカードを手にすると、マイナポイント事業の恩恵も受けなきゃ!!が頭をよぎります。

しかし、お買い物した金額に対して還元されるのがマイナポイントです。5,000円分のマイナポイントの付与を受けるための、クレジットカード決済にて2万円分のお買い物をする予定は今のところありません。

マイナポイントの付与の決済会社をどこにするか、しばらく悩み「電子マネー」へチャージすることを選択しました。唯一所有している電子マネーのauPayに決定。

auPayのアプリからマイナポイントアプリをインストールしマイナンバーカードを読み取ります。このタイミングで区役所で設定した電子証明書を利用する際の暗証番号を入力します。

『読み取りに成功しました!』まで数秒の時間を要し、待っている間はかなり緊張しました。

いよいよauPayに2万円をチャージです。チャージが終了すると、その途端に5,000円分のポイントが付与完了です。auPay独自のボーナスポイントは翌月付与されるようです。

 

マイナポイントは一時所得

マイナポイントは国からいただくお金です。もちろん返す必要はありません。が、課税対象なのはご存知ですよね。

みなさんが利用している楽天やAmazonのショッピングサイトで得るポイントと同じ扱いの有償ポイントになります。

有償と判断され課税の対象となったショッピングポイントは、「一時所得」に該当しますよ。

一時所得とは10種類ある所得のうちのひとつ。課税対象(所得税や住民税の対象)ですから金額によって確定申告が必要となります。

金額によってとは、全ての一時所得の金額が50万円(一時所得控除額)を超えた場合です。

詳しくはこちらの記事に書いています。

no image
参考015 楽天やAmazonポイントは課税対象?

No.015 楽天やAmazonポイントは課税対象? 「お金美人塾。-Membership-」 前回の No.014「補助金」補正予算成立 は、いかがでしたでしょうか?みなさんにお役に立てる情報でした ...

続きを見る

 

マイナンバーカードのメリット

マイナンバーカードを発行すると、身分証明書や個人番号の提示をはじめ、税金や社会保険などに関する行政手続きが、このカード1枚で可能になります。そのメリットを再度確認しましょう。

  • 公的な身分証明書となる
  • 口座開設・パスポートの新規発給に利用できる
  • コンビニなどで公的証明書を取得できる
  • 市区町村や国のサービスを一元化できる
  • 青色申告控除による節税につながる
  • マイナポイント事業に参加できる

 

FPきよねえ
以上となります。お読みいただきありがとうございました。 お金美人塾。-Membership- では、役立つお金の情報を配信しています。会員登録で全てのブログが読めます。

お金美人塾。-Membership-
登録の詳細は下記から

お金美人塾。バナー
参考FPきよねえの会員制ブログ「お金美人塾。-Membership-」登録

会員制ブログ お金美人塾。-Membership- 登録受付中 会員制ブログ お金美人塾。-Membership-  ひとりでも多くの働く女性の力になれればという想いから作ったコミュニティです。 これ ...

続きを見る

 

お金美人塾。-Membership-

「お金美人塾。-Membership-」は、会員制の定期購読ブログです。他にも以下のような記事を掲載しています。

12月10日(木)配信記事 No.001「開業届」はいつ出すの?

12月17日(木)更新記事 No.003扶養を外れると何が変わるの?

2月18日(木)配信記事 No.018インボイス制度とその影響

3月1日(月)配信記事 No.020あなたの保険 説明できますか?

3月11日(木)配信記事 No.023手書き帳簿のすすめ

 

初めてさん向け

●女性起業家のための「経営とお金」個別相談
秘密厳守!完全個別(面談 or ZOOM)

●初めてさんの「起業とお金の学校」1day講座
「起業とお金の学校」ビギナーコース

●無料メール講座から始める(週1〜2回)
「お金美人塾。」無料版メールマガジン

ひとり起業女性のコミュニティ

お金美人塾。-Membership-申込みバナー

「お金美人塾。」の詳細を見る

-お金美人塾。, 家庭のお金

© 2021 お金美人塾。FPきよねえ@札幌 Powered by AFFINGER5