FPきよねぇプロフィール

 

きよねぇの資格 FP「ファイナンシャルプランナー」とは?

人生の夢を叶えるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が求められます。

これらの知識で、相談者の夢や目標が叶うように一緒に考え、サポートする専門家。

つまり、お金の主治医。必要と判断した場合、専門ドクター(専門士業)の元へお繋ぎするのがファイナンシャルプランナー(FP)です。

FPの役割

 

きよねぇが「お金の専門家」になろうと思ったきっかけは?

私が真剣に家計やお金のことを考えるようになったのは、シングルになった時でした。

はい、シングル・・・すなわちシングルマザー、結婚生活15年で契約が終了してしまいました。

契約終了から遡ること数年前、夫との価値観がかみ合わなくなってしまった頃。

それは、母親である私が独りで、ふたりの子供を育てる決断をした時でもありました。

その頃の日本の経済といえばバブルが崩壊し、世の中の景気が低迷し続け、銀行や保険会社、証券会社が次々と破綻をした1990年後半。

主婦でも経済力を付けなければ子供を育てることができないと考え、経済的自立を選択。

それまでの、お金のことは夫に任せっきりだったことを反省し、お金の知識が付くのであればと、生命保険会社に勤めたのです。

そう、バブル崩壊後の厳しい時代に、あえて金融の世界への飛び込みは、約10年間、専業主婦としての温かい環境に守られ、右も左も分からない私にとって、無謀の挑戦と周りには言われましたね(笑)

当時はシングルマザーとして、たくましく生きるため、ふたりの子供を育て上げるためだけを考えて選んだ営業職。

経験なし!知識なし!コネなし!しかし、努力次第では昇給があると聞いたので人一倍努力しましたよ・・・お金必要ですから。

もともと学ぶことが好きでした。知らない人とお話することも楽しみでした。

目標を達成すること、その目標に向かって計画を練る事も苦になりませんでした。

むしろ、その達成感に喜びと心地良さを求め、毎月掲げられた数字(売上)をこなし、気が付けば勤務3年目で夫の収入を抜いてしまっていた・・・事実です。

今、振り返れば、もう少し弱々しく献身な妻を演じていれば、傲慢になったり、価値観が合わないと反論したり、経済力がついたことを振りかざしたり、さらには夫の鼻をへし折ったりしなかったんだろうなあ~とちょっと反省しています。

シングルでふたりの子供を育てあげるのは、それはそれは大変でした。

元夫の会社は銀行破綻のあおりを受け縮小。のちにリストラ対象となり、離婚後1年で養育費が滞りました。

しかし、そんな困難の甲斐あって、幸せな結婚生活を続けていたならば知ることはなかったであろう行政のこと、法律のこと、お金の仕組みのことを学ぶ機会を与えられたのだとポジティブに受け取っています。

お金の専門家

 

きよねぇ、更に数度の挑戦を続ける?

生命保険会社での勤務10年で、営業職と教育担当、管理職を経験。その後、大手金融商社に転職。この行動も数々の困難をプラスに変えての挑戦でした。既に40歳を過ぎていました。

転職後の金融商社でのおもな仕事は、中小企業向けに金融商品を使って資産運用、決算対策(減税提案)や福利厚生の提案。税理士さんと協力して企業の経営をお手伝いする仕事でした。

会社を大きくしようと懸命に働く社長さんの仕事と、その仕事に対する思いを沢山知りました。

取引先との関係性。地域のお客様に対する感謝。従業員と従業員の家族への思い。その上で会社の資金繰り。業績アップの為の事業計画。決算対策。

約6年間、様々な業種の社長さん、その会社の決定権者とお話する機会を得たことは、後のファイナンシャルプランナーきよねぇの原動力になっています。

そのノウハウを持って、49歳の春に独立開業。

人生何度か目の 無謀な挑戦!!

独立開業 → 既に49歳

開業当初は、息子の大学があと3年残っていましたから、とにかく働きました。授業料ほか東京での生活費の仕送り額は目が飛び出ますよ!

開業後は、金融会社から仕事を請け負うフリーランスとして活動。

フリーランスですから、金融会社勤務時代のようなバックや信用はありません。

ファイナンシャルプランナーの資格を活かし、個人の資産やお金のコンサル、投資や相続、節税に特化した、セミナー講師を務め、金融商品販売フィーを得る仕事です。

時に人生の経験をも活かし壇上にて講話。各地を跳び回りましたので、お客様対応に時間を費やしながらも、充実した日々であったことは間違いありません。

そんな、いつまでもチャレンジする母親の背中を見ながら育ってくれた、ふたりの子供たちも、はや27歳と26歳。

母親の無謀すぎる数度の転機に反対もせず(反対できず)むしろ応援者となっています。

東京の大学を卒業し、そのまま就職した彼らは既に立派な大人です。もう私に頼る事はありません。親離れは少し寂しいですけどね。

今では私への感謝と気遣いの言葉を沢山くれます。むしろ彼らの方が的を得たアドバイスくれます。

そんな大人となった彼らの意見を時には取り入れるも、挑戦家であることは止めない母、私きよねぇは、人生の後半は自分の時間を見つめ直す、新たな決意をするのです・・・

 

きよねぇの新たな決意とは?

新たな決意へ・・・それは、フリーランス業務内容を縮小すること。

誰のために何のためにフリーランスとして仕事をしているのだろうと、疑問を持つようになったのです。

金融会社からの報酬をいただくフリーランスから自分のコンテンツを商品として売る起業家へ方向性を変える新たな決意が芽生えてしまいました。

そのきっかけとなったのは、女性起業家の集まりに何度か参加し、起業したいと願う主婦たちと話をした時のこと。

女性の社会進出が進み、主婦が働くという社会貢献は実に素晴らしいことですが、働くことによって、報酬を得ることが必ずしも家計のプラスになることばかりではない。犠牲となることもあるのだ。

そして、起業とは個人事業主になることのはずなのに、趣味の延長線上の考えしか持っていない女性もいる。

すなわち社会に貢献する志をもつ選択であることを学ばずして、起業の道を選ぶ主婦や女性があまりにも多いと知ったのです。

お金の知識(税金、経営)を持ってパートなり起業なりの選択をする。そして、起業家を選択したならば、なおのこと税金と経営の知識は欠かすことはできません。

私は、今でも自己啓発本や、お金や経済に関するの本を読み漁っています。

・自由なお金を得るとは、投資力を使うこと

・投資力(お金も知識も)は早めに学んだ方がいいこと

・お金について、知っているか、知らないかが大きな差を生むこと

たまたま、お金が入った・・・それは起業家とは言えません。

パート女性

 

きよねぇが「パート主婦や起業女性に働き方」のアドバイスをすることになったのは何故?

親としての務めも終了し、モノも時間も生活も独り分。

ガランとした部屋を見渡して次に思ったことは、

抱えているモノを手放してみる。

でした。

仕事、仲間、お客様、責任、地位、名誉、利益・・・全てを手放してみよう。

それらのモノは、今まで確かに必要でした。生きるためには必要であると、今後もずーと必要なのだと思い込んでいました。

必要なのではなく、

しがみついていたのです。

例えば、私が終末期を迎えれば、遅かれ早かれ全てを手放すことになるのです。

やり残したことを後悔しながら旅立つよりも、または家族にその後悔を心配させたまま旅立つよりも、何もなくなった状態を楽しんでみる。それこそが豊かな人生なのでは。

長女としての親への責任、子への責任さえも手放してみる。という選択肢もあるのではないか。責任とは不安を抱え込んでいることと同じ。ガランとした部屋を見渡してそう考えたのです。

このガランとした部屋のように私の頭の中にも余裕という空間ができることで、新たなモノ(私の役目)を手に入れることができるのではないか。

抱えることだけが豊かではない

のちに取得した整理収納アドバイザー資格やファイリングデザイナー資格の取得過程でも学び得たことです。

こうして手放して残ったのが  ”パート主婦や起業女性の働き方一つで変わる家計のアドバイス” をメニュー化することでした。

いいえ、残ったのではなく、全て手放した結果「やりたい!」と掴んだ仕事です。

フリーランスの仕事、仲間、お客様、責任、地位、名誉、利益・・・全てを手放したので、今は経験と知識しか残っていません。

早い話が、私FPきよねぇはどこにも属さないフリーのファイナンシャルプランナーになったのです。

経験と知識を活かしたアドバイスしか売るものを持ち合わせておりません。

もう、金融会社の高いフィー(手数料報酬)は得ていません。

ぜーんぶ手放してしまったので

税金知識、社会保険制度、公的年金制度、生命保険、相続、投資、などのアドバイスと一緒に金融商品を購入希望の方は、その金融業界に属したFPさんのところへ相談に行かれることをお勧めします。

また税理士ではありませんので、税金計算や確定申告記帳代行も税理士法で禁じられていますので、致しません。

こんなFPきよねぇで良ければ、どうぞお気軽にお声かけ下さいね。教えれることは全てお教え致します!

難しいお金の話や起業のこと経営のことを分かりやすく伝えたい。何より、相手のためになることを。

知らないを知る

有益な情報を皆様に提供をしていくことを志業と選択致しました。

時々、人生の相談にも乗っちゃうよ。

以上が、FPきよねぇの誕生秘話なのです。

そんな活動も、そろそろ1年経とうとしています。

 

この度、ご縁があり

4コマ作家たべちゃんこと田端菜穂さんに

書いていただいた「FPきよねぇ紹介編」

特徴、良く出ています

↓↓

紹介

 

さらに

4コマ作家たべちゃんこと田端菜穂さんに

「家計を守る女性の講座」に参加いただき

↓↓

講座紹介①

もう一枚

↓↓

講座紹介②

起業家として今後の躍進が楽しみな

4コマ作家たべちゃんこと田端菜穂さん

ありがとう!!

たべちゃんBlog→こちらから

 

4コマ作家たべちゃんも参加した講座はこちら

*家計を守る女性の働き方(グループ講座 )→ http://fp-kiyone.com/seminar-group/

*起業された女性向け(1対1個別勉強会 )→ http://fp-kiyone.com/seminar-kobetsu/

お金を学ぶ

 

きよねぇの座右の銘は

「恩は恩で回す」

決して、独りでは生きてはこれなかった。家族、両親、友人、お客様、上司、先輩、同僚、取引先、たくさんの方にお世話になり今があります。

感謝しても感謝しきれない。だからこそ、その得た恩は次へ引き継いでいくという意味の、きよねぇの座右の銘が「恩は恩で回す」です。

最後にその話を書きますね。

子供の教育資金の捻出の為に、朝、昼、晩と仕事をしていた時、「うちに寄って行きなさい、ご飯有るから」と声をかけてくれた母の友人に、お金を払おうとして怒られました。「貴女のお母さんお父さんに昔助けられたのだから、黙って受け取ればいい」と。

決算期に税金対策商品を提案した先の社長さんに怒鳴られました。「この地で会社を経営できるのも、地元のお客様のお陰、収益を上げ、その税金を地元に収めることが経営者である」と。

会社を退職した先輩が毎月ランチをご馳走してくれました。人のためにお金を使う事が何より楽しみ、たくさんの気付きをもいただくというのです。なのに私には1円も出させない。「後輩にしてあげればいい」と。

後に気付くのです。共通の言葉を私に教えてくれていたことを。「その恩を返したいと思うのなら、他の人に返えせばいい」

回す

恩は恩で回すもの

恩は恩で回す

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

FPきよねぇでした。

 

*メルマガ登録、もう少しお待ちください。準備中の為ご迷惑をおかけしています。

 

*下記「動画配信」もクリックしてみてね!!

2017/09/21