Diary 家計

今更聞けない、そもそも「お金」とは何?

2017/07/02

パート主婦や起業女性の働き方一つで変わる家計のアドバイスをしている、ファイナンシャルプランナーのきよねぇです。

 

前回の記事では、きよねぇの資格、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事とは「暮らしのお金」に関する幅広い相談に対応すること、とお伝えしました。その記事はこちらから

 

そもそも、「お金」とは何?

 

「暮らしのお金」に関する幅広い相談することはわかったけれど、「お金」とはいったい何?

 

そのお金のルーツについて、少し難しいお話しをします。

お金のルーツは、古代メソポタミア文明までさかのぼります。この時代に、いい働きをした労働者に対して、雇い主が大麦を与えたのが始まりだと言われています。労働者は、もらった大麦を別の品物と交換することで、自分ではつくれない服などを手に入れたのです。「価値の交換手段」という役割が生まれました。

しかし、大麦は時間が経つと傷みます。そこで、代わりに金や銀といった貴金属を使うことを思いついた人達によって「価値の貯蔵」という役割が生まれます。

その後、持ち運びに便利な硬貨(コイン)や紙幣が登場します。価値のある金や銀との交換を保障することで、価値のない紙幣が価値をもつ不換紙幣という考え。すなわち、これによって、お金がモノの「価値の尺度」という役割が生まれたのです。

 

なんだか難しいお話ですね。もう少しわかり易く言い直しますと

大麦や金・銀などのように、それ自体が価値をもっている貨幣「物品貨幣」

「価値の交換手段」→「価値の貯蔵」→「価値の尺度」というお金の役割の変化によって、金などと交換できない紙幣「不換紙幣」となったのです。

 

その「不換紙幣」が日本銀行券。今では政府が価値を保証することで成り立っています。

 

 

給料明細書にはお金の情報が詰まっている

自分が生み出した価値にどれだけの対価が支払わているかを1枚で表したモノが給与明細書です。

価値ある労働をしたということから生み出した給料(お金)。その生み出した価値を知るために給料明細書を毎月ちゃんと見て欲しい。重要な情報が詰まっている給料明細書の見方を身につけることが、お金に詳しくなるための第一歩です。

 

では、その給料明細書から読み取れることは?

①労働時間や手当などの条件は、入社時の約束(又は労働契約書)どおりか?その合計はあっているか?

②何がいくら引かれているか?税金や保険がそれぞれどんな意味をもっているのか?

③手取り額、つまり実際に使えるお金はいくらか?

給料明細書の数字をひとつ一つ追いかけていくとお金の勉強になります。

 

給料明細書のない個人事業主は帳簿から読み取れることは?

①仕事にかかる経費、取引先から受ける報酬など、お金の動きを全て記録しているか?

②一年間の収入の合計から税務署に申告する事業所得を把握しているか?

③将来性、つまり経営を継続できるか?

帳簿とはお金の流れ・モノの流れをすべて記録したものです。儲かっているか、損しているか、事業の将来性が手に取るようにわかります。

 

 

最も大切なことは「使う」ということ

すなわち「使う」とは、経済を回すことです。

お金について考えるとき、私たちはつい「いかに貯めるか」を考えてしまいがちです。しかし、お金とは本来、何かを手に入れるためにあるもののはず。

「お金にはそもそも価値はない」それを使って、何かを手に入れたり、体験をしたりすることで、初めて価値が生まれる。お金はあくまでもツールである。だから楽しくお金を使うことを目指していくといいですね。

楽しくお金を使うこととは何も考えずにお金を使うことではなく、考えてお金を使う、メリハリをつけコントロールするということです。

メリハリをつけコントロールするということに「財産三分法」という考えがあります。

 

お金の大原則「財産三分法」
  • 流動性資金(いざという時のためのお金)
  • 使用予定資金(使う予定が決まっているお金)
  • 利殖性資金(長期運用が可能なお金)

皆様はどこに重点をおいてお金を使っていますか?

 

 

 では、また。

■家計を守る女性の働き方講座■

  • パート主婦(起業女性)の働き方で、どのくらい世帯総収入が変わるのか知りたい。
  • ご主人の扶養内、扶養外で働くとはどういう事なの?
  • 副業(起業)をする上で注意することとは?
  • 税金、社会保険について知りたい。

【開催日】

①5月20日(土曜) 終了しました

②6月7日(水曜)  終了しました

③6月23日(金曜)  終了しました

④7月15日(土曜)

⑤7月21日(金曜)

【時間】 いずれも10:00~12:30

【場所】 札幌全日空ホテル1階カフェミナモ

【定員】 各6名 *お子様の入場はできません

【持ち物】 筆記用具、電卓

【受講料】 3,500円 *別途、各自飲み物代をご用意下さい。

何度でも参加可能。2回目以降の方は2,500円です。(その旨申込みコメントに記載下さい)

【申込み方法】 ここをクリック

【講師】 熊野聖己(きよねぇ)

 

-Diary, 家計
-, , ,