主婦 起業

開業届は出すべき?

2017/07/02

FPきよねぇです。

 

起業される方から最近、よく頂くご質問に「開業届けは出すべきですか?」があります。

「どうしたいですか?」と質問に質問でお返しすると「わかりません・・・・・・。」

開業届とは『わたし、個人事業主になります!!』という宣言書みたいなもの。税務署に問い合わせると、「提出はどっちでもいいです」と、なんとも素っ気ない返事が返ってきます。要するに、開業届を出そうが出すまいが、得た利益は個人の収入ですから、個人の所得に対する税金を納めることに変わりはありません。

 

次に多い質問に、「確定申告どーしたら良いですか?」

利益はどのくらい?とお尋ねすると「○○万円あるかなあ・・・・・・」

個人事業主が確定申告をする基準とは、経費を差し引いた利益が38万円以上になれば行います。他に控除するものがあれば、それも認めてね・・・と、申告し所得税の調整を受けるのです。よって、個人の確定申告と同じ考えです。

 

更に質問は続きました。「領収書の宛名は屋号でもらうべきですか?」

個人の確定申告ですから、「個人名でも屋号でもどっちでもいいです。」とお答えすると、質問者が固まりました。「なぜ?・・・・・・」

起業家の意識付けとして屋号宛の領収書をもらうことは素晴らしいことです。が、屋号は屋号。ここでいう確定申告は個人の収入申告です。それより、大事なのは何にどのくらいの経費があったかを知る事。品目の詳細が記載されていた方が、翌年の事業計画が立てやすいですよね。勿論、事業の経費と、私的消費のものとは分けます。ということは、レシート(領収書としての効力有)でもOKです。領収書のもらえない光熱費の請求書に手書きで、事業使用分の割合を書き込んでも良いんですよ。よって、領収書の宛名はどちらでもOKで、収支を帳簿につけ管理することが大事なのです。

 

以上のように、最近のきよねぇの講座には起業間もない女性の参加が多くなりました。

『きよねぇによる家庭内のキャッシュフロー講座』の一枚

 

まず・・キャッシュフローとは? お金の流れ

受け取るお金の額よって納める各種税金や社会保険料などの固定費は、女性の社会進出により、その制度や基準も改定されつつあります。即ち、その制度の意味や基準、仕組み知ることによって女性の働き方そのものを変えることができ、世帯総収入さえもコントロールできるということ。

お金は流れるものです。そして、お金の循環によって生活が成り立っています。貴女の家庭、住む市町村、都道府県も国民が働き生んだお金で財政が回っています。仕方ない・・・と提示された額の納付を終えるだけではなく、流れるお金の意味と仕組みを家庭ごとに考え整える意識を致しましょう。

固定費は税金や社会保険だけに限らず、住宅ローンや各種ローンであったり個人が任意に加入している保険料もあります。流れるお金の意味と仕組みを理解する力がつけば、これらの住宅ローン、任意加入保険をも整えることが可能になります。

働く主婦目線+お金を整える+きよねぇの経験談=『きよねぇによる家庭内のキャッシュフロー講座』 なのです。

 

しかし、起業される女性、既に起業されている女性の中には『家庭内のお金の流れ』と言うよりも、ご自身の事業を世帯の家計費から確立するべく高い志と目標をもった女性もいらっしゃいます。収入を得ることで様々な納付の必要性と基準は理解した。その先を具体的に聞きたいという、そんな起業女子の為の別メニューを考え中です。

  • 開業届のタイミング
  • 事業計画
  • 金融機関口座開設
  • 経費計上の基本
  • 自分でできる確定申告、青色申告について
  • 税理士さんにお願いするタイミング(利益が見えないのでまだ頼めない)
  • 消費税について
  • 扶養から外れるメリットとデメリット
  • などなど

個別講座の予定です。理解するまで1対1で、お付き合い致します。(基本は1名様ですが、希望によっては2名様、3名様のグループも可・・かな)

しかし、マネーコンサルティングではありません。きよねぇは解決策を指示は致しません。(過去にきよねぇはマネーコンサルやってましたけどね・・)勉強をしていただく講座ですよ。

そう、勉強です。

だって、貴女は起業家=社長ですから

 

そんな起業女子向けの個別勉強会を別メニュー。詳細、お待ちください。

 

毎月恒例のきよねぇの家庭内のキャッシュフロー講座『主婦の働き方で変わる世帯収入』2017年開催の詳細 はこちらから

大好評につき2017年の開催日、増やしております。チェック下さい。

札幌、パート主婦、起業女性の為の「家計を守る女性の働き方講座」のご案内

では、また

働く女子のお役に立ちたい、計算大好き、FPきよねぇでした。

 

 

-主婦, 起業
-, , ,